文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム[グローバル型]

函館マリンバイオクラスター 〜UMI(Universal Marine Industry)のグリーン・イノベーション〜 をテーマとした地域イノベーション戦略支援プログラムは、「計測・予測」「持続的生産」「高機能化」「ブランド形成」の4つの研究テーマを展開し、函館地域の多様な海洋資源・研究集団・高度・大量生産する技術を駆使して、世界レベルのマリンバイオクラスター形成を目指します。

→トップページ →お問い合わせ
JapaneseEnglish
 
事業概要事業推進体制参画機関・企業共同研究テーマ活動報告商品開発状況・成果一覧協力機関一覧
函館マリンバイオクラスタートップ > インタビュートップ > インタビュー 齊藤 誠一
インタビュー
人工衛星で好漁場を見つけだす
函館マリンバイオクラスター研究テーマ1 リーダー
齊藤 誠一 北海道大学大学院水産科学研究院 教授
海の天気予報と漁場予測を衛星で
 漁業者にとって、海の天気や潮の流れ、さらには魚群の所在などの情報は漁獲を大きく左右する要因。齊藤教授は、人工衛星が観測した海流や海水温などのデータをもとに海の天気予報と漁獲が多く見込めそうな漁場の位置を漁業者に配信するための研究を行っている。
 人工衛星による情報の配信は漁船に搭載する魚群探知機とは異なり、魚の居場所を直接計測するものではない。過去の統計データに基づいてどの潮目に魚群がいるかを計算して予測し、ディスプレイ上に海図画像として表示させるものだ。これにより漁業者は魚群探知機で計測するよりもはるかに広い海域の中で確実性のより高い場所に船を向けることができるというわけだ。この情報サービスは海上でも受信できるので、迅速に漁場を移動していくことも可能になる。
 これさえあれば"漁師の勘"はいらないのではと思ってしまいそうだが、さにあらず。「あくまでも漁師さんの意志決定支援システム。長年の経験にプラスして情報データを活用していただければ」と齊藤教授。海の奥深さはITだけでは語れないという。
海で遊んだ少年時代、海で過ごした学生時代
 奇勝・東尋坊で有名な福井県三国町の生まれ。三国町はかつて北前船の寄港地でもあった古くからの港町で、毎日泳ぎに出かける海に親しむ少年時代だったという。
 高校3年生の時、後の人生を決定づける出来事があった。北大探検部の学生がいかだで津軽海峡を横断したというニュースだ。「とにかく海が好き」だった齊藤少年はその快挙に大興奮を覚えた。探検への興味と海への関心が少年の中でひとつに結び付いたのだ。福井で海と共に育った少年は、遠路北海道に渡り北大水産学部で学ぶことを決断した。
 入学と同時に探検部に入部。その年にドラム缶と角材で作ったいかだで津軽海峡横断に挑戦し、約13時間を掛けて見事成功。その後も遠くアリューシャン列島潜水調査にも参加するなど、部の主力メンバーとして精力的に活動した。
新たな道を自ら切り開け!
 「日本人学生には内向きが多い。中には海外でがんばっている卒業生もいますが、全体的にはやはり…」と最近の学生に手ごたえの少なさを感じている様子。海洋資源に関する日本の研究への諸外国の関心は高く、齊藤教授の研究室でも在籍する院生のうち約半数はアジアやアフリカからの留学生だ。
 「留学生は学ぶことに対してハングリーですよね。日本人は満たされすぎているからのんびりしているのかなあ。科学技術や研究の分野でも世界規模での競争が激しくなっていることに気付いてもらいたいですね」。
 自身は人工衛星自体の性能もそれを活用する技術もまだまだ低い水準だった学生時代(1970年代)から人工衛星ひと筋に研究の道を歩んできた。「そんなことやって何になるのか」「本当にモノになるのか」といわれることもあったが、「人と同じことをやっていてはダメ。まだほとんどの人が注目していないからこそ、人工衛星の新たな可能性にチャレンジしては」との指導教授の助言を今に至るまで守り続けてきた。学生をはじめ今後を担う若い世代にも国際的な広い視野とチャレンジ精神を持って新たなことにどんどん取り組んでいって欲しいというのが今の願いだ。

人工衛星が観測したデータの解析結果
市民が海に親しむことこそ水産海洋研究の第一歩
 函館の場合、もっと「市民が日常的に海に親しめる環境が必要」という。「末広町のベイエリアから弁天町(旧函館ドック跡地)にできる研究センターまでが連続性のある親水ゾーンにしたら」と、少年時代を毎日海で泳ぎ、学生時代はいかだで津軽海峡の海と格闘した同教授ならではの夢を語る。「市民が海に親しむことこそ、函館が国際水産・海洋都市として成功するための第一歩」と結んだ。
座右の本 『石橋を叩けば渡れない』 西堀栄三郎 著
おとなしくて慎重すぎる最近の学生に読んでもらいたい本。やってみなければ分からないのだからチャレンジ精神を持ってまずはやってみることを教えている。

略歴
1953年 福井県三国町生れ 北海道大学水産学部卒業
1981年 日本IBM東京サイエンティフィックセンター客員研究員
1984年 財団法人日本気象協会研究所
1993年 北海道大学水産学部助教授
現在 北海道大学大学院水産科学研究院(海洋資源計測学)教授
 →サイトマップ →サイトポリシー
公益財団法人函館地域産業振興財団 〒041-0801 北海道函館市桔梗町379番地 電話番号:0138-34-2600 FAX番号:0138-34-2602
Copyright (C) 函館マリンバイオクラスター UMI のグリーン・イノベーション 地域イノベーション戦略支援プログラム[グローバル型] All Right Reserved.