文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム[グローバル型]

函館マリンバイオクラスター 〜UMI(Universal Marine Industry)のグリーン・イノベーション〜 をテーマとした地域イノベーション戦略支援プログラムは、「計測・予測」「持続的生産」「高機能化」「ブランド形成」の4つの研究テーマを展開し、函館地域の多様な海洋資源・研究集団・高度・大量生産する技術を駆使して、世界レベルのマリンバイオクラスター形成を目指します。

→トップページ →お問い合わせ
JapaneseEnglish
 
事業概要事業推進体制参画機関・企業共同研究テーマ活動報告商品開発状況・成果一覧協力機関一覧
函館マリンバイオクラスタートップ > 共同研究テーマ > 共同研究テーマ1 海洋空間情報を活用した沿岸生物相・水圏環境の健全化と高次活用の両立
共同研究テーマ1 海洋空間情報を活用した沿岸生物相・水圏環境の健全化と高次活用の両立
天気予報じゃなくて海洋予報!?
テーマ1では、主に海を仕事場にする人のためにコンピューターや携帯電話を使って海の情報を提供できるように研究を進めています。
まず、海の現状を知ることが重要ですが、現在の海の状態を理解するだけでは、変化の激しい海での仕事には不十分です。そこで、天気予報のように先の状態を予測して、それに備えることが大切です。そのために私たちは海の様子を知り、その変化を予想する道具を開発しています。
@海を見る目
現在、地球を観測する衛星が多数活躍しています。この中の海洋探査衛星という海専用の衛星は、宇宙からの目として休むことなく海面水温や、海の生物にとって大変重要な植物プランクトン濃度など、海の環境を観測しています。
A海の温度計
函館の沿岸海域ではホタテやコンブの養殖が盛んに行われています。あまり知られてはいませんが、これらの海の生物は非常に水温に敏感です。順調な生育を図るためやベストな収穫の時期を知るためには、水温を知ることが不可欠です。
そこで登場するのが海の温度計、ユビキタスブイです。ユビキタスの意味は、「誰でも、どこでも」などの意味があります。読んで字のごとく、ユビキタスブイは誰もが簡単に、安価に浮かべることができるので、たくさんのブイが海に浮かぶことになります。ユビキタスブイは海面から海底までの水温を自動的に計ってメールで知らせてくれます。それによりたくさんの水温情報が集まり、詳しく海の様子を知ることができます。
現在、水温を計測するユビキタスブイはもう使われています。今後は水温の予測、他には塩分濃度や潮流といった水温以外の海の情報を計測するユビキタスブイの開発に取り組んでいます。
B情報を使う
海を見る目、海の温度計によってすばらしい情報があっても簡単に使えなければ意味がありません。そこで、海で仕事をする人たちが簡単にその情報を使えるためのコンピューター、水産海洋GIS(地理情報システム)端末を開発しています。このコンピューターは宇宙の目、海の温度計を使って集めた情報をまとめてわかりやすく表示してくれるもので、船に搭載されたり、携帯電話からアクセスしたりできます。
C海の天気予報
これらの道具をうまく連動させて、海の状況を予測するシステムを「ユビキタス海洋環境予測システム」といいます。海の状況を予測することで、魚群の場所がわかったり、おいしくて栄養たっぷりのホタテやコンブを収穫できるはずです。海での仕事の効率をあげるために、誰もが海の環境を知ることができる「海の天気予報」システムをつくることが私たちの研究です。
植物プランクトン分布(衛星観測)
植物プランクトン分布(衛星観測)(※クリックで拡大表示)

海の温度計「ユビキタスブイ」
 海の温度計「ユビキタスブイ」

水温を自動で計測
水温を自動で計測(※クリックで拡大表示)

海の天気予報システム
海の天気予報システム(※クリックで拡大表示)
 →サイトマップ →サイトポリシー
公益財団法人函館地域産業振興財団 〒041-0801 北海道函館市桔梗町379番地 電話番号:0138-34-2600 FAX番号:0138-34-2602
Copyright (C) 函館マリンバイオクラスター UMI のグリーン・イノベーション 地域イノベーション戦略支援プログラム[グローバル型] All Right Reserved.